ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

札幌・小樽フェリー道中

genba2genba1大洗(茨城県)からフェリー19時間で苫小牧へ渡り、高速道路を利用し、札幌へ。現場は札幌市と境の小樽。出稼ぎで行ってまいりました。加工、組立ての初仕事でござる。中の仕事とは別に左写真のような排気なども取り付け。支給していただいた制服を着用でさあ仕事。 朝は札幌のビジネスホテルで朝食して、7時30分出発。約30分で現場着。途中テイネスキー場入り口のふもとを通過。銭函駅よりほしみ駅のほうが近い感じ。仕事が終わってからは、居酒屋チェーンを日替わりラウンドで食事。2週間近くいるので酒の量は自重しながら。ご馳走様でした。
fpapa←仕事に誘ってくれたF家パパさん。青函連絡船しか乗ったことがない私からの耳よりニュース。インターネットでチケット買うと5%OFFになる。行きは2段ベットに畳の小座敷とテレビ。帰りは2段ベットのみ、禁煙。夜行便は貨物便といってもいいぐらいで、乗客が少ない(ドライバー除く)、また食堂は開いていなく自販機料理のみなので、食料品の持ち込みが必要。特に閑散期は貨物船の様相を呈している。風呂は広く、久々の銭湯気分、湯上りのビールが楽しみ。


バレンタインには早い?!

chapelgardenennai
札幌名産の○い恋人の工場と実売している店舗。テーマパークのような雰囲気を漂わせている。隣接にコンサドーレの球場あり。外国の観光客がわんさかといる。特に韓国、アジア系の方が多いようだ。あたしゃ、このチョコレートより六花亭のマルセイバターサンドが好物。話は変わりますが、スナック菓子の北海道限定販売の「じゃがりこ」等は札幌市の中心部に行かないとない。エクスクルーシブだけど地元の人より内地の人が買うのが多かったりして。

marusei1marusei2marusei3
F家パパさん再び北海道へ出張。小生好物のマルセイバターサンドをお土産に買ってきてくれた。売ってる処も空港、船着場、主要駅など、わりと限られている。過去の経験では千歳空港、苫小牧のフェリー乗り場がある。オンラインショップでも買えるようですが、今度北海道に行ったときは「シホンケーキ」のご相伴に与りたい。

▲PAGE TOP