梅 紋(ウメ)

ume学問の神様といわれた菅原道真が愛した花で、自邸も紅梅殿と呼ぶまでの話が伝えられて いる。右大臣の位まで上った彼が、九州大宰府まで流される。その時、遠く京の春を偲んで詠った歌は有名である。”東風吹かばにほひおこせよ梅の花 あるじ なしとて春なわすれそ”道真は死後怨霊となって猛威をふるい、藤原家一族の多くがその祟りによって死亡する。それに恐れをなして道真を祀ったのが天満宮で ある。その後大宰府天満宮をはじめとし、北野天満宮、湯島天神など各地天神様で神紋として用いられるようになった。公家では高辻・唐橋、武家では久松、加 賀百万石大名前田の各氏が使用している。徳川時代の大名では、松平・小出・相良などが挙げられる。紋には梅花紋と梅鉢紋の二系統がある。梅鉢紋は、太鼓を叩くようなものが中心から出ていることからついた名称とされる。梅鉢自体の使用家の数はベスト10に入り、京都・九州に多いことが特徴である。

主な家紋

中陰梅
向こう梅
中陰向こう梅
陰梅鉢
細輪に中陰梅鉢
捻じ梅
中陰捻じ梅
変わり捻じ梅
捻じ向こう梅
丸に星梅鉢
中陰星梅鉢
重ね梅
八重梅
陰八重梅
八重向こう梅
剣梅鉢
丸に剣梅鉢
陰八重向こう梅
中陰八重向こう梅
雪輪に向こう梅
裏梅
光琳梅鉢
隴梅鉢
陰陽裏梅
中陰裏梅
糸輪に捻じ裏梅
中陰捻じ裏梅
隅切り角に地抜き梅鉢
組合せ角に梅鉢
八重裏梅
捻八重裏梅
台地抜き梅
光琳向こう梅
梅鉢
丸に梅鉢
五曜梅
白金梅
八重唐梅
香い梅
実梅鉢
星梅鉢
三つ盛り香い梅
横見梅
三つ寄せ横見梅
五つ横見裏梅
陰星梅鉢
花付き梅鉢
枝梅
梅枝丸
梅に水
三つ盛り梅
台梅鉢
裏梅鉢
梅に五つ雁金
中陰梅胡蝶
結び梅
中陰浮線梅
隴梅輪に梅鉢
隅切り角に梅鉢