ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

蔦 紋(ツタ)

tsuta大名から町人まで江戸時代に大流行した家紋である。ツタはぶどう科の多年生落葉草本で、美しく紅葉する様が楓に似ていることから、ツタカエデといわれ、地錦とも呼ばれている。古く武家では、椎名・富田・高安の各氏が、江戸時代の大名では藤堂・松平・六郷の各氏が有名である。しかし、松平諸氏(三木・宮古・形原・石川・竹谷・滝脇など)は将軍家に遠慮して葵紋から蔦紋に変更している。蔦は縁起の良い植物とされ、生命力が強く、塀や壁などをつたわりどんどん伸びる。文字自体も、地上に繁殖する「++」と空を翔る「鳥」で組み合わされている。花柳界では、人に絡み付いて離れないという縁起を担いで使用した人もいる。デザイン面では、五分裂した葉そのものが基本となっている。一葉から五葉まであり、バリエーションはおよそ100種類とされる。

主な家紋

蔦
丸に蔦
丸に蔦
陰蔦
陰蔦
石持ち地抜き蔦
石持ち地抜き蔦
割り蔦
割り蔦
三つ割り蔦
三つ割り蔦
三河蔦
三河蔦
鬼蔦
鬼蔦
丸に鬼蔦
丸に鬼蔦
総陰丸に鬼蔦
総陰丸に鬼蔦
中輪に壺に蔦
中輪に壺に蔦
細輪地紙に蔦
細輪地紙に蔦
糸輪に蔦
糸輪に蔦
糸輪に陰蔦
糸輪に陰蔦
雪輪に蔦
雪輪に蔦
唐草輪に蔦
唐草輪に蔦
結び蔦
結び蔦
揺り結び蔦
揺り結び蔦
細中陰蔦
細中陰蔦
中陰光琳蔦
中陰光琳蔦
三つ盛り蔦
三つ盛り蔦
丸に尻合わせ三つ蔦
丸に尻合わせ三つ蔦
中陰三つ寄せ蔦菱
中陰三つ寄せ蔦菱
蟹蔦
蟹蔦
丸に尻合わせ三つ鬼蔦
丸に尻合わせ三つ鬼蔦
三つ寄せ菱蔦
三つ寄せ菱蔦
外三つ割り蔦
外三つ割り蔦
丸に尻合わせ光琳蔦
丸に尻合わせ光琳蔦
中陰蔦に水
中陰蔦に水
松葉丸に中陰豆蔦
松葉丸に中陰豆蔦
浮線蔦蝶
浮線蔦蝶
浮線蔦
浮線蔦
大割り蔦
大割り蔦
地石持ち抜きに大割り蔦
地石持ち抜きに大割り蔦
捻じ蔦
捻じ蔦
糸輪に覗き蔦
糸輪に覗き蔦
丸に大割り鬼蔦
丸に大割り鬼蔦
変わり中陰鬼蔦
変わり中陰鬼蔦
朧蔦
朧蔦
崩し蔦
崩し蔦
枝蔦
枝蔦
蔦の枝丸
蔦の枝丸
利久蔦
利久蔦
昭和蔦
昭和蔦
蔓蔦
蔓蔦
蔦菱
蔦菱
蔦の花
蔦の花
丸に六つ蔦花
丸に六つ蔦花
中陰蔦菱
中陰蔦菱
鬼蔦菱
鬼蔦菱
中陰鬼蔦菱
中陰鬼蔦菱
菱に蔦
菱に蔦
結び鬼蔦
結び鬼蔦
三つ組み光琳蔦
三つ組み光琳蔦
細菱に覗き蔦
細菱に覗き蔦
重ね菱に蔦
重ね菱に蔦
松皮菱に鬼蔦
松皮菱に鬼蔦
対い蔦菱
対い蔦菱
中陰鬼蔦鶴
中陰鬼蔦鶴
中陰蔦飛び蝶
中陰蔦飛び蝶

▲PAGE TOP