ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

月・月星 紋(ツキ・ツキボシ)

tsukiboshi月は天体では最も身近であり、太陽の正・陽と月の奇・陰が比較される。平安期には月辰 の信仰とされた妙見菩薩を祀る妙見信仰があった。戦国武士山中鹿助は、主家再興を願って、「われに七難八苦を与え給え」と三日月に祈願したのも月の信仰で あった。伊達政宗も月を信仰した。そうした信仰から生まれたものであるが、月の美しさと共に尚武的な発想も取り入れられたと思われる。月紋には三日月・八日月・半月・満月と月だけで表現するものと、他の紋とのコンビネーションがある。主な紋としては「五本骨扇に月」の佐竹氏、「三日月」 「半月」の天野氏、「枡形に月」の中山、黒田、加治、岩田の諸氏、「岩城?子に月」の岩城氏、「夕顔に月」の渡辺氏がある。月星紋は、月に対して星一個、三個、七個、九個の組み合わせがあり、平氏良文流の千葉氏とその一門が使用している。一門は相馬・伊北・伊東・上総・天羽・金田・椎名・臼井・武石・大須賀・国分・東の諸氏となっている。

主な家紋

繋ぎ月
繋ぎ月
半月
半月
真向き月
真向き月
三日月
三日月
大関朧月
大関朧月
黒田枡形に月
黒田枡形に月
黒田月に水
黒田月に水
月に雲
月に雲
月に雲2
月に雲
陰月
陰月
雪丸に地抜きの月
雪丸に地抜きの月
月に霞
月に霞
右向き陰日向月星
右向き陰日向月星
真向き月星
真向き月星
月に星
月に星
岩城襦子に月
岩城襦子に月
月に北斗七星
月に北斗七星
月に三星
月に三星
三つ寄せ月星
三つ寄せ月星