竹・笹 紋(タケ・ササ)

takesasaイネ科多年生常緑木本。四季を通して色を変えずまっすぐ伸び、節の固いところから、中国では節の正しい君子に例えられて いる。日本では松竹梅の縁起物とされ、古くは楽器から花篭などまで人に溶け込んで使われ、人が竹から生まれる話の日本最初の小説【竹取物語】に登場する。 また、その話にあるようには深く結び付けられている。武家では粟飯原・東・河村・明石・上神・大島各氏、豊臣秀吉の軍師として名高い竹中半兵衛・益田・上杉各氏が用いている。公家では、勧修寺家の代表家紋と される。室町幕府成立に尽くした上杉氏は、功のあった武士に【竹に雀】紋をあたえ、東国に広まることとなる。上杉一門の越後守護上杉定実は男子がなかった ため、伊達氏より養子を向かえる際に引き出物の一つとして【竹に雀】紋を贈っている。それが後に【仙台笹】と呼ばれ、伊達家の本紋となり、やがて伊達氏は 最上氏にこの紋を譲っている。雀の目を怒らしたように描き、武家気質を表している。

主な家紋

竹輪に九枚笹
抱き竹笹
抱き竹に切り竹
穂笹竹之丸
陰九枚笹
石持ち地抜き九枚笹
三枚笹
五枚笹
変わり五枚笹
割り六枚笹
変わり根笹
変わり根笹
重ね九枚笹
十枚笹
十枚笹の丸
丸に十二枚笹
陰若根笹
股付き変わり根笹
細輪に十五枚笹
三つ追い十五枚笹
丸に篠笹
糸輪に三つ根笹
変わり切り竹に笹
細輪に二本竹笹
中輪に頭合わせ九枚篠笹
総陰丸に頭合わせ九枚篠笹
七枚根笹
熊笹
竹輪に変わり三つ盛り笹
三つ竹輪違い
米沢笹
上杉笹
竹輪笹に対い雀
丸に五枚竹笹に雀
九枚笹
丸に九枚笹
笹庵に脹ら雀
柳生笹
鳥居笹
長谷川筍
根笹
丸に根笹
笹の丸
笹の丸に飛び雀
陰陽雪持ち根笹
丸に陰雪持ち根笹
丸に変わり根笹
丸に陰若根笹
外雪輪に十五枚笹
三つ割り根笹
糸輪に頭合せ十枚笹
対い笹菱
切り竹に笹
丸に篠付き切り竹笹
亀甲笹
丸に三枚上がり笹
松竹梅竜胆
藤田切り竹笹
丸に二本竹笹
五枚笹竹の丸