鷹の羽 紋(タカノハ)

takanoha勇猛果敢、威厳なイメージを羽で象徴した家紋である。また、技芸として持てはやされた「鷹狩り」の時代から、鷹の羽は矢羽として最高品とされている。家紋のデザイン面でも、神社が鳥居、寺が卍といった感覚で、鷹はその羽で表現されている。バリエーションは約60種類ある。九州の豪族菊池次郎武房がこの紋を使用して奮戦した話があるが、元々は阿蘇神社の神紋であり、氏子の菊池氏が神官より賜授された。子孫も西郷、小島、兵 藤、山鹿、村田など数十氏になる。その後神官が菊池氏のほかにも下賜し、足利時代に全国に広まって行ったとされる。忠臣蔵でお馴染みの松の廊下の刀傷シー ンでは、「丸に違い鷹の羽」紋をつけた浅野内匠頭が必ず登場している。そのほか武家では阿部氏、高木氏が紋を使用している。

主な家紋

並び鷹の羽
並び鷹の羽
丸に並び鷹の羽
丸に並び鷹の羽
違い鷹の羽
違い鷹の羽
丸に違い鷹の羽
丸に違い鷹の羽
六つ鷹の羽車
六つ鷹の羽車
八つ鷹の羽車
八つ鷹の羽車
丸に右重ね違い鷹の羽
丸に右重ね違い鷹の羽
中輪に細違い鷹の羽
中輪に細違い鷹の羽
中陰に陰違い鷹の羽
中陰に陰違い鷹の羽
細輪に陰違い鷹の羽
細輪に陰違い鷹の羽
五つ鷹の羽丸に桔梗
五つ鷹の羽丸に桔梗
鷹の羽団扇
鷹の羽団扇
陰陽違い鷹の羽
陰陽違い鷹の羽
陰陽細違い鷹の羽
陰陽細違い鷹の羽
石持ち地抜き違い鷹の羽
石持ち地抜き違い鷹の羽
糸輪に班入り違い鷹の羽
糸輪に班入り違い鷹の羽
糸輪に豆違い鷹の羽
糸輪に豆違い鷹の羽
井上鷹の羽
井上鷹の羽
一本鷹の羽
一本鷹の羽
丸に一つ鷹の羽
丸に一つ鷹の羽
折れ鷹の羽
折れ鷹の羽
反り違い鷹の羽
反り違い鷹の羽
変わり鷹の羽蝶
変わり鷹の羽蝶
槲に鷹
槲に鷹
三つ折れ鷹の羽
三つ折れ鷹の羽
並び鷹の羽に割り鷹の羽
並び鷹の羽に割り鷹の羽
三つ並び鷹の羽
三つ並び鷹の羽
三つ違い鷹の羽
三つ違い鷹の羽
中輪に飛び鷹
中輪に飛び鷹
鷹の丸
鷹の丸
久世鷹の羽
久世鷹の羽
中村鷹の羽
中村鷹の羽"
芸州鷹の羽
芸州鷹の羽
浅野鷹の羽
浅野鷹の羽
五本鷹の羽
五本鷹の羽
丸に五つ鷹の羽車
丸に五つ鷹の羽車
高木鷹の羽
高木鷹の羽
阿部鷹の羽
阿部鷹の羽
隅切り角に違い鷹の羽
隅切り角に違い鷹の羽
団扇に違い鷹の羽
団扇に違い鷹の羽
石持ち地抜き八つ鷹の羽車
石持ち地抜き八つ鷹の羽車
五つ鷹の羽丸に違い鷹の羽
五つ鷹の羽丸に違い鷹の羽
抱き鷹の羽
抱き鷹の羽
抱き鷹の羽に二つ引両
抱き鷹の羽に二つ引両
浮線鷹の羽
浮線鷹の羽
割り浮線鷹の羽
割り浮線鷹の羽
糸菱に覗き違い鷹の羽
糸菱に覗き違い鷹の羽
月輪に総覗き違い鷹の羽
月輪に総覗き違い鷹の羽
一つ引両に違い鷹の羽
一つ引両に違い鷹の羽
中輪に割り違い鷹の羽
中輪に割り違い鷹の羽
丸に三つ鷹の羽
丸に三つ鷹の羽
丸に覗き三枚鷹の羽
丸に覗き三枚鷹の羽
一つ折れ鷹の羽
一つ折れ鷹の羽
鷹の羽蝶
鷹の羽蝶
三つ折れ鷹の羽丸
三つ折れ鷹の羽丸
三つ反り鷹の羽
三つ反り鷹の羽
鷹の羽井桁
鷹の羽井桁
丸に割り鷹の羽井桁
丸に割り鷹の羽井桁
架に鷹
架に鷹
使い鷹
使い鷹
pagetop