橘 紋(タチバナ)

tachibana現在の“カラタチ”の花のことであり、密柑の原種で「唐のタチバナ」に由来する常緑低木。第十一代垂仁天皇間守(たじまもり)に非時の香菓の実を求めさせ、常世の国から持ち帰ったが、天皇はすでに亡くなっていた。田島間守はこれを悲しみ、泣き死んだといわれる。この時の香菓の実が橘の実とされ、田島間守は日本の菓祖とされる。菓子といえばケーキやチョコレートのようなものを思い出すが、元来は果物のことらしい。奈良時代に植栽された橘は、京都御所の紫宸殿(ししんでん)に左近の桜と共に右近の橘として残されている。室町時代には薬師寺・小寺の各氏が用い、橘氏が衰退し公家から姿を消すに及んで武家では井伊・久世・松平・黒田の各氏と旗本約九十家が使用している。家紋バリエーションは約60種、デザインは果実1個に5枚葉配置を基本形としている。

主な家紋

橘
丸に橘
丸に橘
陰橘
陰橘
石持ち地抜き橘
石持ち地抜き橘
対い橘菱
対い橘菱
陰対い橘菱
陰対い橘菱
葉陰橘
葉陰橘
菊座橘
菊座橘
丸に三つ足橘
丸に三つ足橘
丸に台付き橘
丸に台付き橘
変わり橘菱
変わり橘菱
橘に水
橘に水
三つ葉裏橘
三つ葉裏橘
七枚葉橘
七枚葉橘
並び橘
並び橘
三つ盛り橘
三つ盛り橘
隅切り角に変わり橘
隅切り角に変わり橘
三階橘菱
三階橘菱
対い橘
対い橘
丸に対い橘
丸に対い橘
抱き橘
抱き橘
橘崩し
橘崩し
橘鶴
橘鶴
足変わり橘鶴
足変わり橘鶴
立ち三本橘
立ち三本橘
薬師寺橘
薬師寺橘
日蓮宗橘
日蓮宗橘
花橘
花橘
橘桐
橘桐
中陰橘桐
中陰橘桐
三つ橘
三つ橘
陰三つ橘
陰三つ橘
三つ葉橘
三つ葉橘
黒田橘
黒田橘
菱に橘
菱に橘
雪輪に菱橘
雪輪に菱橘
三つ寄せ橘崩し
三つ寄せ橘崩し
向こう橘
向こう橘
八重向こう橘
八重向こう橘
陰八重向こう橘
陰八重向こう橘
糸菱に覗き橘
糸菱に覗き橘
橘菱
橘菱
枝橘
枝橘
葉折れ枝橘
葉折れ枝橘
平安橘
平安橘
陰光琳枝橘
陰光琳枝橘
月輪に総覗き橘
月輪に総覗き橘
丸に橘に違い扇
丸に橘に違い扇
変わり枝橘
変わり枝橘
橘枝丸
橘枝丸
割り橘枝丸
割り橘枝丸
三つ割り枝橘
三つ割り枝橘
杯橘
杯橘
利久橘
利久橘
三つ橘亀甲
三つ橘亀甲
三つ割り六角橘
三つ割り六角橘
三つ組合せ橘
三つ組合せ橘
浮線橘
浮線橘
変わり橘蝶
変わり橘蝶
橘胡蝶
橘胡蝶

pagetop