ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

桜 紋(サクラ)

sakura桜は古来より日本人に最も愛されてきた花である。花王と称せられたり、木花開耶姫(このはなさくやひめ)の転といい、木花とも呼ばれる。エリア的には、北半球の温帯地方に分布する。バラ科サクラ属落葉高木。(ウメ・モモ・アンズ・スモモなど除く)桜を詠んだ歌としては、”青丹よし奈良の都は咲く花の にほふがごとくいまさかりなり”とある。万葉集に約40余首、古今集には約130余首の歌が出てく るが、万葉集の時代には梅が人気があり、桜は平安中期に人気となる。「花は桜木、人は武士」と言われるように、武士道では散り際の見事な潔さを桜に見据え ている。反面、子孫繁栄、家の繁栄を望む心情から、紋の数は多いものの、使用している家は必ずしも多くはない。徳川時代大名では細川、松平、仙石の諸大名が、桜にちなんだ名字では桜井、吉野、花木各氏が用いている。神社数では吉野神社、唐招提寺、博多の櫛田神社、能登の気多神社・羽咋神社、摂津の生田神社などに用いられている。

主な家紋

山桜
大和桜
変わり向こう桜
向こう山桜
桜浮絵稜
五つ割り桜に桜
中陰向こう桜
捻じ山桜
葉敷山桜
陰山桜
葉付き三つ桜の丸
表桜枝丸
丸に桜
陰桜
中陰桜
釜敷山桜
糸菱に桜
石持ち地抜き桜
向こう桜
雀口桜
葉敷桜
蟹桜
雪月花
裏桜
陰裏桜
中陰裏桜
八重山桜
桜胡蝶
月落ち桜
八重桜
八重裏桜
変わり八重桜
九曜桜
三つ割り山桜
桜崩し
細桜
丸に細桜
陰細桜
細川桜
三つ横見桜
三つ割り細山桜
桜井桜
陰桜井桜
山桜に水
糸輪に豆桜
枝桜崩し
結び桜
雪輪に山桜
五鐶輪に桜
細輪に剣桜
蔓桜
枝桜
散り桜
葉付き裏桜
抱き桜
桜に巴
光琳太陰桜
桜飛び蝶
桜蝶

▲PAGE TOP