ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

植物系家紋

家紋 竜胆(リンドウ)

rindouリンドウ科の多年草で、秋深い高原に青紫の清楚な花を咲かせる。りんどうの音は、龍胆(りゅうたん)から来ている。中国 で付けられた名で、根は龍の胆のように苦いが、煎じて飲めばカリスマ的人物が生まれるという。その昔、役小角(えんのおづの)という行者が日光山の積雪し ている山中で、ウサギが雪中より小草を掘り出し、跳び去る光景を見た。同じところにある草を噛むと苦かったが、次第に体内に活力がみなぎり、天空を飛ぶ心地がした。彼はこのリンドウを持薬にし、超能力を得たといわれている。源頼朝の母は役小角の信者であり、霊鬼をやどし、我が子の幼名に鬼武者と命名した。 頼朝が伊豆で狩をしている時、少女に龍胆の花を捧げられ、花の名を聞き返すと、「秋の野の尾花にまじり咲く花の色に恋ひん逢ふよしをなみ・・・思ひ草と申 します。」と答えた。頼朝の妻、北条政子がこの少女である。源氏のなかでも久我家一門は栄えて、徳川時代に九家に発展する。徳川時代大名では、池田・石川・本堂が挙げられる。源頼朝が幕府を開いた鎌倉市は龍胆を市章としている。

主な家紋

笹竜胆
丸に笹竜胆
陰笹竜胆
石持ち地抜き竜胆
違い竜胆
割り笹竜胆
石川竜胆
丸に細枝竜胆
中陰笹竜胆
陰細笹竜胆
三つ折れ葉竜胆
変わり三つ折れ葉竜胆
雪輪に笹竜胆
糸輪に豆笹竜胆
隅切り角に笹竜胆
栖鳳竜胆
枝竜胆
枝竜胆の丸
埋み竜胆
二葉竜胆
三つ葉に竜胆
亀山竜胆
総陰竜胆車
蔓笹竜胆
四つ葉竜胆菱
久我竜胆車
三つ笹竜胆
頭合せ三つ笹竜胆
変わり竜胆蝶
竜胆胡蝶
抱き竜胆
浮線竜胆
池田三つ竜胆
善光寺竜胆
笹竜胆菱
蟹竜胆
三つ割り笹竜胆
三つ割り三つ葉竜胆
竜胆車
葉陰竜胆車