ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

扇 紋(オオギ)

oogi扇の読みは神をアフギよせるから転化し、オウギとなったといわれる。扇子とも呼ばれている。団扇を折りたたんで携帯でき る発想から作られた。扇は神の依代(よりしろ)であり、神霊が憑いていれば、身を守り戦いに勝つとされ、武将に使われた。それが家紋に転じたものといわれ る。扇子は末広がりに開くので、縁起の良いものとされる。将軍家光から江戸城の橋の反り具合を尋ねられた松平信綱が、パッと扇を開いてその曲線をもとに説明 し、将軍から五百石の加増と三つ反り扇紋を贈られた話がある。「三つ蝶に菊紋」から変更になったのである。扇紋を家紋として初めて使用したのは佐竹氏である。源頼朝と奥州征伐の際に頼朝と同じ白旗だったので、「五本骨の月丸の扇」をつけるよう云われ、代々家紋 として受け継がれた。その他は深溝・長沢・若林・浅原・雨宮・大河内・石川・野沢などの各家が使用した。ちなみに、歌舞伎役者尾上菊五郎は「重ね扇に抱き 柏」紋である。

主な家紋

並び扇
丸に並び扇
隅切り角に並び扇
違い扇
日の丸雁木扇
重ね日の丸扇
丸に違い扇
陰違い扇
中輪に三本並び扇
三本扇
中輪に三本骨扇
五本骨扇
糸輪に尻合わせ三本扇
三本重ね扇
三本組扇
鱗形三つ扇
総陰丸に扇
石持ち地抜き扇
半開き違い扇
並び扇菱
二つ雁木扇菱
扇菱
三つ日の丸扇
三つ日の丸扇に三本矢
細輪に入れ違い扇菱
中開き三本扇
糸輪に三つ組み半開き扇
丸に七本扇の骨
三つ扇
丸に三つ扇
反り扇
雁木反り扇
細輪に雁木扇
糸輪に豆扇
日の丸扇
丸に日の丸扇
雪輪に扇
隅切り角に重ね扇
丸に尻合わせ二つ扇
違い扇
那須扇
陰源氏扇
大房扇
丸に房付き扇
七本骨扇
七本骨扇雁木
丸に五本骨扇
陰の五本骨扇
丸に七本骨二階扇
丸に七本骨三つ扇
三つ反り扇
糸輪に頭合せ三つ雁木扇
重ね扇
横重ね扇
丸に剣三つ雁木扇
雁金三つ扇
丸に四つ扇
五つ雁木扇車
渡辺扇
陰渡辺扇

▲PAGE TOP