ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

十大家紋家紋

家紋 沢瀉(オモダカ)

omodaka オモダカは池や沢に自生するクワイと同系の多年草で、葉は矢じりの形をしており、人の顔に似た葉が高くなるので面高と呼んでいる。沢(タク)瀉(シャ)は、草の生息地と水たまりが互い違いに続く湿地で、これにおもだかの呼び名を当てたもの。毛利元就氏の家紋として知られているが、いくさで勝った時に、この花にトンボがとまっていて、その縁起の良さを祈念して用いられている。弓が立て並んだ群 生や楯に似ているところが防御のおまじないなど戦陣における縁起から、武家に人気のある家紋となっている。武家では、豊臣秀長・福島正則や水野・土井・酒 井・奥平・浅野・木下・三浦・松本の諸大名が使用している。葉だけを用いたものを「沢瀉」、花と組み合わせを「花沢瀉」、水を添えたものを「水沢瀉」といい、葉に数によって一つ沢瀉から九つ沢瀉まで存在する。

主な家紋

立ち沢瀉
立ち沢瀉
丸に立ち沢瀉
丸に立ち沢瀉
総陰丸に立ち沢瀉
総陰丸に立ち沢瀉
雪輪に立ち沢瀉
雪輪に立ち沢瀉
四つ違い沢瀉菱
四つ違い沢瀉菱
沢瀉車
沢瀉車
大関沢瀉
大関沢瀉
有馬沢瀉
有馬沢瀉
水野沢瀉
水野沢瀉
福島沢瀉
福島沢瀉
抱き沢瀉菱
抱き沢瀉菱
変わり抱き沢瀉菱
変わり抱き沢瀉菱
向こう花沢瀉
向こう花沢瀉
沢瀉に水
沢瀉に水
長洲沢瀉
長洲沢瀉
変わり長洲沢瀉
変わり長洲沢瀉
沢瀉折り鶴
沢瀉折り鶴
木瓜沢瀉
木瓜沢瀉
抱き沢瀉
抱き沢瀉
陰抱き沢瀉
陰抱き沢瀉
丸に変わり抱き沢瀉
丸に変わり抱き沢瀉
子持ち抱き沢瀉
子持ち抱き沢瀉
沢瀉扇
沢瀉扇
沢瀉鶴
沢瀉鶴
変わり抱き沢瀉
変わり抱き沢瀉
三つ花立ち沢瀉
三つ花立ち沢瀉
三つ盛り沢瀉
三つ盛り沢瀉
三つ寄せ沢瀉
三つ寄せ沢瀉
浮線沢瀉
浮線沢瀉
沢瀉桐
沢瀉桐
一つ花沢瀉
一つ花沢瀉
一つ沢瀉の丸
一つ沢瀉の丸
一つ沢瀉菱
一つ沢瀉菱
糸輪に豆立ち沢瀉
糸輪に豆立ち沢瀉
三つ寄せ変わり沢瀉
三つ寄せ変わり沢瀉
三つ違い沢瀉巴
三つ違い沢瀉巴
六角に葉沢瀉
六角に葉沢瀉
軸違い並び葉沢瀉
軸違い並び葉沢瀉
違い葉沢瀉
違い葉沢瀉
変わり抱き葉沢瀉
変わり抱き葉沢瀉
沢瀉七宝
沢瀉七宝
沢瀉菱
沢瀉菱
丸に抱き葉沢瀉
丸に抱き葉沢瀉
入れ違い葉沢瀉
入れ違い葉沢瀉
中津沢瀉
中津沢瀉
三本沢瀉
三本沢瀉
糸菱に覗き沢瀉
糸菱に覗き沢瀉
葉沢瀉菱
葉沢瀉菱
三つ沢瀉の丸
三つ沢瀉の丸
三つ花沢瀉の丸
三つ花沢瀉の丸
割り沢瀉
割り沢瀉
沢瀉の丸
沢瀉の丸
八重向こう沢瀉
八重向こう沢瀉
変わり向こう花沢瀉
変わり向こう花沢瀉
変わり三つ違い沢瀉
変わり三つ違い沢瀉
三つ割り沢瀉に桔梗
三つ割り沢瀉に桔梗
沢瀉胡蝶
沢瀉胡蝶
変わり沢瀉蝶
変わり沢瀉蝶

▲PAGE TOP