ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

茗荷 紋(ミョウガ)

myouga茗荷はショウガ科の多年草で、野菜として栽培される。食用するのは何片かの包をつけたタケノコ形のもので、茗荷竹とか みょうがの子と呼ばれ、香味が珍重され、芳香から芽香(めか)と称し、それが訛ってミョウガになったとされる。茗荷紋は目に見えぬ神仏の助力・加護から 「冥加」に通じ、縁起の良い紋と考えられ、次第に大衆化されていった。また、マダラ神の神紋ともされ、信仰的な意味も加わっている。(摩陀羅神は中国を経 由して伝えられた神である。)文献上では二宮・稲垣氏が初見され、使用家は藤原氏系統に多く、大沢・中村・増田・堀・鍋島・野間・明楽・村松・小沢・佐々布などがある。よく混同され易 い杏葉紋(ぎょうよう)との区別は、杏葉には葉脈が殆んどない、杏葉には花糸状のものがあるが、茗荷には無いことである。いずれにせよ識別が難しいとされ る。

主な家紋

抱き茗荷
丸に抱き茗荷
陰抱き茗荷
丸に陰抱き茗荷
三つ追い茗荷に違い鷹の羽
三つ追い茗荷に剣片喰
入りに抱き茗荷
石持ち地抜き抱き茗荷
丸に中陰抱き茗荷
丸に陰陽抱き茗荷
抱き茗荷に三つ星に一
抱き茗荷に橘
丸に変わり抱き茗荷
中輪に抱き茗荷崩し
隅切り角に抱き茗荷
立ち茗荷
三つ盛り抱き茗荷
頭合せ六つ茗荷車
花抱き茗荷
変わり花抱き茗荷
変わり花抱き茗荷
変り抱き違い茗荷
三つ花茗荷
茗荷花車
中陰変わり抱き茗荷
大割り抱き茗荷
根違い茗荷
二つ割り変わり茗荷
変わり茗荷蝶
茗荷胡蝶
一つ茗荷の丸
一つ蔓茗荷の丸
蔓茗荷の丸
入れ違い茗荷
三つ追い茗荷
丸に三つ追い茗荷
違い茗荷
丸に違い茗荷
二葉違い茗荷
変わり抱き茗荷崩し
三つ追い茗荷に四つ目
抱き茗荷に花菱
抱き茗荷崩し
鍋島茗荷
稲垣茗荷
細輪に稲垣茗荷
三つ蔓茗荷
三つ茗荷巴
田村茗荷
一ノ関茗荷
違い一ノ関茗荷
抱き茗荷菱
三つ茗荷崩し
変わり三つ茗荷崩し
入れ違い茗荷菱
三つ茗荷
三つ組み茗荷
隅切り角に一つ茗荷
茗荷枝丸
茗荷蝶

▲PAGE TOP