木瓜 紋(モッコウ)

mokkou曲線美を中心とした均整のとれたデザインは、日本人の繊細な美的感性と情感を表わしている。ところが、この文様の起源が よくわかっていない。キュウリの切り口、地上にある鳥の巣御簾の帽額(みすのもこう)、木香バラ等の諸説がある。帽額がいつしか訛って「もっこう」に なったという説もある。日本の神社のすだれ(御簾)の縁取りによく描かれている。公家では徳大寺氏のみ、武家では織田・遊佐・秋元・熊谷・朝倉・海老名・ 富永・岩城・宮・八木・大田垣・池田、江戸の頃の大名では織田・堀田・有馬の諸氏が使用している。日本人が千数百年かけて磨きをかけた文様ではあるが、中国渡来の文様と思われている。木瓜紋は四弁が普通だが、特徴のある五弁の「織田瓜」など三葉から八葉までがある。

主な家紋

木瓜
木瓜
丸に木瓜
丸に木瓜
陰木瓜
陰木瓜
糸輪に陰木瓜
糸輪に陰木瓜
中陰五瓜に唐花
中陰五瓜に唐花
陰五瓜に唐花
陰五瓜に唐花
石持ち地抜き木瓜
石持ち地抜き木瓜
隅切り角に木瓜
隅切り角に木瓜
唐木瓜
唐木瓜
丸に唐木瓜
丸に唐木瓜
織田瓜
織田瓜
一重瓜に木瓜
一重瓜に木瓜
樫木瓜
樫木瓜
堀田木瓜
堀田木瓜
庵木瓜
庵木瓜
内田木瓜
内田木瓜
剣五瓜に唐花
剣五瓜に唐花
唐五瓜に唐花
唐五瓜に唐花
菱に木瓜
菱に木瓜
木瓜菱
木瓜菱
松皮菱に木瓜
松皮菱に木瓜
折入り菱に木瓜
折入り菱に木瓜
三つ盛り五瓜
三つ盛り五瓜
三つ割り瓜
三つ割り瓜
板倉木瓜
板倉木瓜
中津木瓜
中津木瓜
山形に木瓜
山形に木瓜
木瓜に二つ引き両
木瓜に二つ引き両
五瓜胡蝶
五瓜胡蝶
瓜桐
瓜桐
蔓木瓜
蔓木瓜
剣木瓜
剣木瓜
鐶木瓜
鐶木瓜
唐鐶木瓜
唐鐶木瓜
五瓜に唐花
五瓜に唐花
丸に五瓜に唐花
丸に五瓜に唐花
四方木瓜
四方木瓜
丸に四方木瓜
丸に四方木瓜
陰四方木瓜
陰四方木瓜
垂れ角に出木瓜
垂れ角に出木瓜
三つ瓜三つ唐花
三つ瓜三つ唐花
四方瓜に花角
四方瓜に花角
琴柱に木瓜
琴柱に木瓜
丸に覗き木瓜
丸に覗き木瓜
糸輪に覗き木瓜
糸輪に覗き木瓜
対い木瓜菱
対い木瓜菱
五瓜に桔梗
五瓜に桔梗
蔓五瓜に唐花
蔓五瓜に唐花
三つ盛り木瓜
三つ盛り木瓜
細輪に三つ盛り木瓜
細輪に三つ盛り木瓜
細輪に三つ寄せ木瓜
細輪に三つ寄せ木瓜
割り木瓜
割り木瓜
六つ瓜に六つ唐花
六つ瓜に六つ唐花
八つ瓜に八つ唐花
八つ瓜に八つ唐花
三つ割り木瓜
三つ割り木瓜
亀甲三つ割り木瓜
亀甲三つ割り木瓜
木瓜崩し
木瓜崩し
木瓜に四つ目結
木瓜に四つ目結
唐五瓜に鬼唐花
唐五瓜に鬼唐花
五瓜崩し
五瓜崩し

pagetop