ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

家紋 目結(メユイ)

meyui目結の「目」は「眼」ではなく「」の意味で、「結」は「結ぶ」という意味。髪結いや農家の人たちが共同作業や助け合いをす る「結い」も同様の意味。布地をつまみ糸を結んで絞り染めにすると、中心に目ができる。染め方では鹿の子染め、纐纈(こうけつ)染めという。文様で似たも のに「釘抜紋」がある。この目の大きさは釘が抜き易いように、釘と木材の間に設けられる四角い座金を意味しており、「目結紋」より大きいものとなる。近江源氏・佐々木一族の代表家紋として有名なこの家紋は、鎌倉時代にもてはやされ、佐々木氏だけでなく九州の竹崎氏、少弐氏が用いている。また、佐々木氏 からは伊吹・三上・松下・朽木・山崎・伊達・平井が分かれて使用し、「見聞諸家紋」によると椎屋・二松・飯田・斎藤・本庄・武藤・能勢・本間の各諸氏が家 紋として用いている。日露戦争二百三高地の戦いで有名な乃木希典大将も、佐々木一族として知られている。デザインの美しさは画然とした正方形のリズミカルな組合せと、幾何学的で単純な模様が挙げられる。

主な家紋

隅立て一つ目
丸に繋ぎ二つ目
丸に二つ目
菅沼三つ目
陰隅立て四つ目
石持地抜き隅立て四つ目
三つ目
糸輪に三つ目
丸に三つ目
陰三つ目
総陰丸に隅立て四つ目
隅み切り角に隅み立て四つ目
丸に三つ目に桜
三つ目に一つ引き
隅合わせ三つ目
三つ目菱
糸輪に豆四つ目
細松皮菱に隅立て四つ目
丸に剣三つ目
重ね五つ目
丸に陰陽五つ目
重ね五つ目菱
捻じ四つ目
陰捻じ四つ目
変わり五つ目
繋ぎ五つ目
繋ぎ六つ目
九つ目
丸に反り四つ目
中陰に陰反り四つ目
四つ目菱
丸に四つ目菱
中陰四つ目菱
細菱に四つ目菱
隅立て四つ目菱
丸に隅立て四つ目菱
折り入り隅に四つ目菱
結び四つ目菱
枷(カセ)四つ目菱
反り四つ目菱
陰丸輪に四つ目
丸に陰四つ目菱
蔓反り四つ目菱
重ね四つ目
持合い四つ目
繋ぎ四つ目
糸輪に隅立て四つ目
丸に蔓四つ目
平四つ目
丸に平四つ目
隅切り角に平四つ目
組み合わせ角に平四つ目
七つ割り隅立て四つ目
十一割り隅立て四つ
七つ割り平四つ目
市松四つ目
三階四つ目菱
重ね四つ目車
剣四つ目
反り四つ目

▲PAGE TOP