ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

建築器物系家紋

家紋 轡(クツワ)

kutsuwa轡は馬の口に含ませ、手綱を付けるための金具とされる。口輪から転化したものといわれている。轡の両端に手綱を引く鐶(かん)があり、その文様などに技巧がされている。これを紋章化したものが特徴といえる。徳川時代、信仰を禁じられたキリスト教徒がこの紋に十字架カムフラージュした形跡もある。例えば豊備の中川氏はの家紋は十字架であるが、「寛政重修諸家 譜」には轡紋となっている。また、島崎氏の花クルス紋も花轡紋とされている。丸の中に描かれた十字架は信仰を意味するので、信者、信者以外にも便宜上轡紋 とされたといわれる。文献上では代々足利氏に仕えた大草氏の代表家紋とされ、一族では嶋崎・後藤・浅井・島・久保田・下田の諸氏が挙げられる。

主な家紋

雪輪に轡
雪輪に轡
中輪に細轡
中輪に細轡
太轡
太轡
轡
花轡
花轡
轡菱
轡菱
八角轡
八角轡
角轡
角轡
丸に出轡
丸に出轡
月輪に出轡
月輪に出轡
持ち合い轡
持ち合い轡
内田轡
内田轡
万字轡
万字轡
雪持ち轡
雪持ち轡
三つ轡菱
三つ轡菱
寺阪轡
寺阪轡
陰轡
陰轡
三つ盛り轡
三つ盛り轡
轡に梅鉢
轡に梅鉢
三つ繋ぎ轡
三つ繋ぎ轡
三つ捻じ轡
三つ捻じ轡