ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

車 紋(クルマ)

kuruma絵巻物にも出てくるが平安時代には、牛に引かせた貴族の牛車が多く見られる。この牛車がデザインのベースとなっている。家紋として定着したのは、鎌倉期の初めである。車紋でいわれる源氏とは、広く「公家の」という意味であろうとされる。車紋を用いた家として代表的なのが佐藤氏である。藤原氏秀郷流で先祖が左衛門尉に任じたことから、佐藤あるいは佐野に住んで佐藤を称したともいわれる。その後伊勢国一志郡の榊原に住み、それ を名字とした一族が榊原となる。以後伊勢には佐藤氏、榊原氏が繁衍し、伊勢外宮の宮方を務め大神宮奉献の任務を記念して、その車の輪を家紋にしたという。 やがて伊勢信仰が広まり、佐藤氏は神官・御師として諸国に分散し、その車輪紋以外の家紋を用いられる家は、伊勢の佐藤氏とは別の流れと思われる。また佐藤 氏は東北に広く分布し、源義経に忠節を尽くした佐藤継信・忠信兄弟が知られ、その子孫を称する家が広まったとされる。

主な家紋

源氏車
源氏車
丸に源氏車
丸に源氏車
陰源氏車
陰源氏車
榊原源氏車
榊原源氏車
八本骨源氏車
八本骨源氏車
六つ水車
六つ水車
六本源氏車
六本源氏車
七本源氏車
七本源氏車
八本源氏車
八本源氏車
九本源氏車
九本源氏車
鍋島車
鍋島車
木下車
木下車
十二本源氏車
十二本源氏車
重ね花形源氏車
重ね花形源氏車
重ね波きり車
重ね波きり車
三つ割り重ね源氏車
三つ割り重ね源氏車
中川車
中川車
八柄杓車
八柄杓車
源氏輪に並び鷹の羽
源氏輪に並び鷹の羽
源氏輪に並び矢
源氏輪に並び矢
源氏輪に違い矢
源氏輪に違い矢
源氏車に矢
源氏車に矢
生駒車
生駒車
風車
風車
石持ち地抜き源氏車に浪
石持ち地抜き源氏車に浪
水車
水車
丸に水車に水
丸に水車に水
水に水車
水に水車
八本骨風車
八本骨風車