ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

家紋 桐(キリ)

kiri皇室副紋とされる「桐」は、菊に次いで最も有名ある格式高い紋章とされている。植物としてはゴマノハグサ科の落葉高木 で、花はスミレ色で下を向く。中国の伝説では鳳凰の棲み聖樹とされ、鳳凰が樹の上で鳴くのは聖王の出現する端兆とされている。竹の実しか食べない事から、 鳳凰は聖天子の象徴とされている。日本の天皇の御衣にこの三つの文様があり、桐は鎌倉時代に、菊は鎌倉時代に皇室の紋として使用された。武将に人 気のあった桐紋は、それを無断で使用したり、盗んで使用したりが多かったので、天正十九年に「菊桐禁止令」を出している。この紋を後醍醐天皇より拝領した 足利尊氏は、吉良・細川・新田・今川・山名・一色・斯波・畠山の諸氏に、また時代と共に半井・石野・薬師寺・大友・朽木・曽我・織田・稲葉・松平・豊臣・ 前田・伊達・丹羽・仙石・内藤などの諸氏に分け与えたり、拝領することが繰り返される。秀吉婦人の北条所ゆかりの高台寺の食器類まで見事な桐紋が使用され ている。秀吉死後天下をとった家康は、「我が家には葵の家紋があるから」と朝廷に断った話が伝えられている。

主な家紋

五三桐
中輪に五三桐
陰五三桐
細中陰五三桐
五三踊り桐
変わり踊り桐
中陰五三桐
総陰五三桐
石持ち地抜き五三桐
糸輪に五三桐
小判桐
松葉菱に五三桐
子持ち隅切り角に五三桐
雪輪に五三桐
糸輪に豆五三桐
糸輪に覗き五三桐
桐車
陰桐車
五三鬼桐
中陰五三鬼桐
陰五山鬼桐
葉陰五山鬼桐
桐枝丸
変わり桐枝丸
石持ち地抜き五三鬼桐
光琳桐
中陰光琳桐
鐶桐
変わり桐胡蝶
中陰五つ光琳桐
五七桐
太閤桐
石持ち地抜き五七桐
変わり五七桐
花桐
変わり花桐
五七鬼桐
有馬桐
上杉桐
対洲桐
中陰変わり乱れ桐
埋み桐
文晁桐
内藤桐
佐竹桐
五七乱れ桐
三つ盛り五三桐
尻合わせ三つ花桐
乱れ桐
踊り桐
陰踊り桐
踊り鬼桐
中陰枝桐
枝桐
桐崩し
変わり桐崩し
光琳唐桐
頭合わせ三つ桐
桐揚羽蝶
中陰桐蝶

▲PAGE TOP