ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

菊 紋(キク)

kiku 菊は仁徳天皇のころ中国から渡来し、宮中では薬用として大切に扱ったといわれている。平安時代には菊の節句に菊花の宴が 催され、天皇から群臣に菊を浮かべた酒を賜るならわしがあった。また、後鳥羽上皇がこの菊花を文様として御興や調度品などに使用したことから、菊紋も日月 紋とともに皇室の紋章として認められるようになる。明治初め天皇が西郷隆盛に「南洲菊」の紋を贈った事が伝えられている。左右からサポートせよとの意味合いらしいが、西郷家では「三つ菊紋」を用いている。 楠木正成は紋を下賜されたが畏れ多いとのことで、半分を水に流した「菊水紋」にしている。徳川家康は辞退。公家では広幡・水無瀬・七条・桜井、武家では足利・楠木・和田・設楽・逸見・大芋・妹尾・宇津木・中村・若槻・横越・大河戸・喜連川・吉良・最上、戦国大名の毛利・波多野・上杉、徳川大名の毛利・木 下・伊達・牧野・京極・宗などの各氏が用いている。パスポートの真ん中に描かれたように、菊は日本のシンボルと言える。

主な家紋

天皇家
十六菊
陰十六菊
石持地抜き十六菊
三つ葉菊
大宮菊
高松宮家
秩父宮家
三笠宮家
常陸宮家
横見菊に抱き菊の葉
丸に抱き菊の葉
十六裏菊
十六重ね菊
十六鬼菊
十六剣菊
丸に二つ半菊
丸に三つ割り菊
八つ菊
十菊
十二菊
八重菊
中陰対い割り菊
乱菊
八重裏鬼菊
九重菊
捻じ菊
饅頭菊
菊蝶
菊鶴
菊菱
糸輪に菊菱
陰菊菱
裏菊菱
抱き菊の葉に菊
三つ追い菊の葉に菊
菊水
菊水
葉付き菊水
肘張菊水
浮線菊
二葉乱
菊に一の字
中輪に菊菱に一の字
半菊に一の字
鬼菊菱
籬架菊(ませ菊)
丸に半菊
三つ寄せ菊菱
抱き開き菊
三つ割り菊
菊浮線枝
四つ割り菊菱
蔓菊菱
菊枝丸
葉付き乱菊
枝菊
変わり枝菊
禿菊(かむろ菊)
菊飛び蝶

▲PAGE TOP