ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

家紋 亀甲(キッコウ)

kikkou 亀の甲羅をベースとしたこの文様は、他の国々でも見られるシンプルで原始的な文様といわれる。日本では飛鳥時代に見ら れ、天平時代には神々の綾織などに用いられ、平安時代には衣服や調度品にこの文様を持ちいることが流行した。デザイン面では甲羅の枠だけを使用するのでは なく、他の文様とのコンビネーションが多く、輪郭の役割を果たしていることが多い。
亀甲紋使用家は「見聞諸家紋」に、二階堂・小田・浅山・藤民部・宇津木・中村・湯浅とある。戦国時代には浅井氏、徳川大名では堀氏が用いた。
香取神社は神域を亀甲山と称している。遠くから眺めると亀の甲羅のように見える。その氏子総代である野田醤油の祖先は、それにあやかって亀甲に萬の寺を家紋とした。これがキッコーマンの商標の由来とされる。

主な家紋

亀甲
亀甲
一重亀甲
一重亀甲
子持ち亀甲
子持ち亀甲
反り亀甲
反り亀甲
亀甲に花菱
亀甲に花菱
丸に亀甲花菱
丸に亀甲花菱
石持ち地抜き亀甲に花菱
石持ち地抜き亀甲に花菱
細亀甲に蔓花菱
細亀甲に蔓花菱
亀甲に花角
亀甲に花角
陰亀甲に花角
陰亀甲に花角
亀甲に梅
亀甲に梅
亀甲に角四つ目結
亀甲に角四つ目結
亀甲に剣片喰
亀甲に剣片喰
木瓜形亀甲
木瓜形亀甲
変わり花亀甲
変わり花亀甲
丸に三つ盛り亀甲
丸に三つ盛り亀甲
三つ盛り亀甲に三つ星
三つ盛り亀甲に三つ星
六郷亀甲
六郷亀甲
三つ盛り亀甲に花菱
三つ盛り亀甲に花菱
亀甲に三つ盛り亀甲花菱
亀甲に三つ盛り亀甲花菱