ハンカチおやじの快想録

チャキチャキ江戸っ子パピヨンの快想∥アラシクバレーボーラーのつぶやき

Downtown spirits of Tokyo in the 1950'

家紋 稲(イネ)

ine日本第二位の大姓「鈴木氏」と、「穂積氏」が苗字から稲紋を用いる代表的な例とされている。鈴木氏は紀州熊野を本拠とし、穂積氏から出た名家。同時に穂積氏から榎本氏、宇井氏が分かれて行ったが、圧倒的に鈴木氏が全国に広まっていった。熊野本宮の神官は今も鈴木氏である。鈴木はススキの当て字とされ、ホズミ同様に稲穂を積んだ意味を成している。また、京都の伏見稲荷神紋として使われていることも有名で、稲荷は稲生りの意であり、神社は日本国内最大の約4万社を数える。江戸時代には武家は屋敷神として、商人は商売繁盛の神として祀り、今では食物の神よりも商売の神としてが有名になってきている。米食主体の日本人はお米に感謝し、祈願する風習が続いている。天皇が神に初穂を捧げる新嘗祭や伊勢神宮の神嘗祭などが国家的な行事となり、戦後は勤労感謝の日となっている。

主な家紋

抱き稲
抱き稲
稲荷抱き稲
稲荷抱き稲
包み抱き稲の丸
包み抱き稲の丸
結び付き抱き稲
結び付き抱き稲
糸輪に束ね稲
糸輪に束ね稲
難波抱き稲
難波抱き稲
抱き結び稲
抱き結び稲
包み抱き稲
包み抱き稲
包み違い稲の丸
包み違い稲の丸
変わり抱き稲の丸
変わり抱き稲の丸
一本稲
一本稲
鶴稲
鶴稲
稲の丸
稲の丸
二つ穂稲の丸
二つ穂稲の丸
右回り稲の丸
右回り稲の丸
二つ違い稲の丸
二つ違い稲の丸
右対い稲菱
右対い稲菱
変わり稲の丸に雀
変わり稲の丸に雀
丸に変わり結び抱き稲
丸に変わり結び抱き稲
丸に変わり抱き稲
丸に変わり抱き稲
中輪に変わり結び稲
中輪に変わり結び稲
中輪に変わり違い稲
中輪に変わり違い稲
抱き稲に橘
抱き稲に橘
丸に変わり抱き稲の笠
丸に変わり抱き稲の笠
垂れ穂抱き稲
垂れ穂抱き稲
二つ穂変わり抱き稲
二つ穂変わり抱き稲
変わり包み抱き稲
変わり包み抱き稲
抱き稲の苗
抱き稲の苗
抱き稲の中に梅鉢
抱き稲の中に梅鉢
抱き稲に三つ星
抱き稲に三つ星
一本稲の丸
一本稲の丸
丸に一本稲
丸に一本稲
稲蝶
稲蝶
井桁に二つ稲穂の丸
井桁に二つ稲穂の丸
抱き稲に片喰
抱き稲に片喰
抱き稲に桔梗
抱き稲に桔梗
違い稲
違い稲
稲蝶
稲蝶
抱き稲に鎌
抱き稲に鎌
抱き稲に対い雀
抱き稲に対い雀

▲PAGE TOP